FC2ブログ
     

桜の花に想いを映して


0001776tkvjei_c20-20.jpg



毎年、桜の花を愛でながら想い出すのは、若くして旅立った母のこと‥‥。

入院する前の年の春、公園で桜の花を背景に数多くの写真を撮りました。

これが屋外で撮った最後の写真になったのです。



今年も、想い出の公園に出かけました。その写真アルバムとともに‥‥。

あの日、母を写した場所に立ち、同じアングルで手にした写真をかざします。

今見ている現実の風景に写真がぴったり重なった時、まるで母が本当に目の前に

立って微笑んでいるような気持ちに包まれるのです。



今度は、母と同じ位置に立ち、同じアングルでポーズをしてみます。

目の前には、あの日の私がこちらにカメラを向けて微笑んでいます。

母がどんな気持ちで写真に収まっていたのか、わかったような気がしました。

霊園には毎月出かけていますが、母に会える実感が湧くのはこの公園なのです。



桜の木が年に一度、この時季にだけ見せてくれる微笑み‥‥。

舞い散る花びらを全身に受け止めながら、ふとそう思いました。

そのもとで、母も一緒に微笑んでくれている気がします。




    毎年繰り返される、私だけの想い‥‥‥‥。




このことは、ずっと胸のうちに秘めてきました。

今年は、桜ピンクの車を迎えた記事がきっかけになり

桜の花にまつわる想いをしたためてみました。






hana030_200x200.jpg



*       永    一    け    花     *

*     悔 遠  一 輪  こ れ  そ は     *

*     な に  枝 の  の ど  う 黙  花  *

*     く ほ  の 花  世 も  し っ  か  *

*     そ ろ  花 の  の そ  て て  た  *

*     こ び  の 聲  す の  再 咲  ら  *

*     に ぬ  眞 で  べ 一  び き  ず  *

*     輝 生  で あ  て 時  枝 黙     *

*     い 命  あ り  を 一  に っ     *

*     て の  る    托   帰 て     *

*  紫  い よ       し に  ら 散     *

*  野  る ろ       て    な っ     *

*  高    こ       い    い て     *

*  桐    び       る      ゆ     *

*  主    が              く     *




          京都の紫野高桐院を拝観した際に目に留まったのが

          色紙に書かれた住職のこの言葉です。


          たとえ花は かたらずとも 一輪の花の聲を聞き

          次の年も その次の年も あなたの微笑みに向けて

          私のいのち ある限り かたりかけるでしょう



関連記事
スポンサーサイト



プロフィール 



Author:水越 智恵里

 閉鎖されたyahooブログから
 引っ越してきました。
 ここは私自身を振り返る
 ココロのコトバの想い出
 アルバムです。

 初めての方はまずカテゴリの
 TOPをご覧ください


参加コミュニティ

百歌繚乱

リ ン ク 

カ テ ゴ リ

全 公 開
⚪︎ TOP
⚪︎ プロフィール
⚪︎ ゲストブック
⚪︎ ココロのコトバ
⚪︎ 詩と音楽の小箱
⚪︎ 京都ゆったり散歩
⚪︎ イヌネコ歩き
限定公開
⚪︎ カテゴリーリスト

最 新 記 事  

最新コメント  

検索フォーム  

RSSリンクの表示  

QRコード   

QR